Friday, December 25, 2009

Gil Scott-Heron "The Revolution Will Not Be Televised"


今から遡る事20数年前、ラジオのFMからたまたま流れてきたこの曲。

まったく初めて耳にする音楽だった。

速攻でFM局に電話かけ、「数分前にかかっていた "Revolution Will Not Be Tele〜なんとか" という歌詞の歌、誰の曲?」と訊きました。(後にも先にもこんな行動をしたのはこの時だけです)
で、教えてもらったのがギル・スコット・ヘロンという名前でした。

まったく心当たりも何もなかったので、翌日レコードショップを探しに行きましたが該当アーティストなし。
その数日後、三宮だったか梅田だったかの中古レコード店でアルバム2枚発見。
すぐにゲットして聴きましたが 残念ながら目当ての曲は収録されておらず・・・。

そして昨夜、ふと思い出してネット検索。
20数年ぶりにこの曲に再会しました。

ジャンル的には Jazz FunkにSoulがかった感じですが、これが今で言う"Rap"の原型かも。
打ち込みやループ音源ではない こんなグルーブ感のある生音Rapは大好きです!(ベースのうねりが最高!)