Monday, September 19, 2011

次男がクルマと接触(激突?)事故!

三男の野球の試合応援中に 自宅で留守番していた長男から、次男がクルマにはねられたと現場に居合わせた人から電話があったとの連絡が。慌てて試合会場を後にする。(13:53)

その後 次男本人から妻に電話があり、怪我はたいしたことないとの事。意識もはっきりしているので一安心。救急車到着待ちとのこと。一緒にいた友人3人のうち一人も怪我しているとのこと。(14:00)

救急車到着して応急処置受けているがまだどの病院に行くかわからないとのこと。事故現場は自宅から7km程離れた隣の市。10時頃から友達とボーリングに行って昼ごはんを食べに行く途中だったらしい。(14:15)

搬送先病院が決まり本人から連絡あり。その約5分後警察からも搬送先の連絡あり。妻と長男を乗せて搬送先病院へクルマで向かう。15時前に到着。もう一人の友人は治療も終わって待合室にいた。初対面。彼の怪我は膝と足首のかすり傷程度。事故の状況を聞かせてもらう。

15:30頃次男が一旦治療室から出てくる。足を痛そうに引きずっているがそれ以外は普段と変わりなく一安心。頭のCTとほぼ全身のレントゲンを撮ったようす。その後約1時間別室で点滴を受ける。その間に怪我した友人のお母さん到着。

残りの2人の友人は警察の現場検証に立ち会っていたらしい。17時頃(事故発生から3時間後)一人は自転車、一人は走りで現場から3.5kmの道のりをやってきてくれた(空腹状態で)

点滴を終わった息子と一緒にレントゲンの結果を聞く。幸い頭部に異常もなく、骨もどこも折れたりヒビ入ったりしていなかった。小学校の時に体操と柔道習わせていたのでとっさに受身ができたのかも。

事故の状況を警察に電話で問い合わせた医師に、「結構大変な事故だったようなので、念のため後1時間半位病院内に留まるよう」に言われ、空いたベッドに案内される。どうも30km/hの軽自動車のボンネットに跳ね上げられ、フロントガラスを粉砕して道路に落ちたらしい。自転車は宙を舞ったという。(その後の話では、その自転車が対向車のフロントガラス直撃粉砕したらしい)



Macが好き!

「会社業務」で与えられる(過去の書類を開く、新しいスキルを覚える手間を省く、以前からのソフトを使い回す)ならWindowsかもしれないけど、身銭を切って買うならやっぱりMac!現行のWin7にはMacを上回る魅力は何もなかった。(4年くらい前のMacの方がまだマシ?)

------------------------------------

Win陣営は「売れる商品」として開発を頑張っているのでしょうが、Mac陣営は「本当に自分が使いたい物」を開発しているような気がする。それがMacならびにソフトに人格を感じる所以?

------------------------------------

「人格を感じる」=「作り手の顔が見える」という感じで。ポリシーが感じられるということになるかな。満艦飾(フル装備)ではなく何が必要かを見極めた選択が素晴らしい! 相性が合わなければどうしようもないけど・・・。外国車にあるようなスピリットが息づいています。

-----------------------------------

でも時々 自作PCみたいにMacも自分で組み立てられたらいいな、て思ったりします。

Sunday, September 11, 2011

Lynyrd Skynyrd

今更ながら 何度聴いてもJohnnyのVocal好きになれない。

「Ronnieの実弟」という下駄をいくら履かせても生理的にどうしてもダメ。
"1991”の頃は良かったのに その後ドンドン変にコブシきかせて 悪くなる一方。

やはりRonnieは不世出のVocalistだったと改めて認識。

同じようにギター陣もAllen Collins, Steve Gaines失った事は大きい。
Garyのギタースタイルもいいのだが、その後加入した似たようなスタイルのギタリストとでは音が団子になるだけで聞き苦しい。

故Hughie ThomassonのギタープレイもThe Outlawsの最初の3枚までは良かったのだが その後は今一精彩を欠く。
'80年代の流行りか 変に音が厚くなっただけで、細かなニュアンスがスポイルされている。
Skynyrd加入後も残念ながら・・・。

リズムセクションも最近は鈍重で胃にもたれる。 


ということでやはり "One More From The Road" !!

Wednesday, September 07, 2011

My Favorite Tunes

  • Lynyrd Skynyrd
    • Simple Man                                   1stアルバム "Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerd" (1973)収録。抑え気味の演奏がGood!
    • Free Bird                                        南部音楽愛好家にとっての超有名スタンダード。Atlanta Fox Theatre でのライブ "One More From The Road"(1976)より
    • T For Texas                                   レイナードの演奏技術の高さが認識できる1曲。"One More From The Road" (1976)
    • That Smell                                      Steve Gaines参加の唯一のスタジオ盤 "Street Survivors" (1977)収録曲。新境地開拓かと思われたその矢先・・・。RIP

  • The Outlaws
    • Green Grass & High Tides           背筋を駆け抜ける衝撃の戦慄とともに、南部に目を向けるきっかけを作ってくれた記念すべき1曲。1975年作品。

  • Henry Paul Band
    • Grey Ghost                      The Outlawsを脱退したHenryが結成。Istアルバム収録。Freebirdを彷彿させるGuitar Battle! 1979年作品。
    • So Long                           同じく1stアルバムからのA面1曲目。OutlawsのCountry Flavorは彼の影響だった事が窺い知れます。Guitar Battle!

  • The Allman Brothers Band
    • Hot'lanta                      名盤 "Fillmore East"の中にあって "Statesboro Blues"の影に隠れがちだが 演奏の緊迫感・Grooveではこちらに軍配。1970年作品。

  • Dickey Betts & Great Southern

    • Bougainvillea                        Allmansを脱けたDickeyが結成したGreat Southernの1stアルバム収録。ゆったりとしたCountery Flavor漂う曲。1977年作品。

  • ZZ Top
    • Sure Got Cold After The Rain Fell           2ndアルバム "Rio Grande Mud" 収録のスローブルース。 " ... Not from the sky, but from my eye..." 1972年作品。
    • Asleep In The Desert                                      Billy 自らが「Ry Cooderからの影響」と言うTex-Mexの香り漂う楽曲。5thアルバム "Tejas"収録。1976年作品。

  • The Charlie Daniels Band
    • Texas                                                南部の重鎮の"Nightrider"(1975)収録。MTBのToy Caldwell参加。CharlieのFiddleが最高 !!