月曜日, 3月 02, 2020

ナショナル カイロ BG-304 (黄金カイロ)

本日 1993年4月に販売終了になった「ナショナル カイロ BG-304」の未使用品を入手した。
僕が2年前から プラチナ触媒式のベンジンカイロを愛用していることを知っている友人が送ってきてくれた。

彼の叔母さんが使わずに保管されていたもののようで、同梱されていた点火用乾電池の使用期限が1982年7月となっていたので、40年近く使われることなく箱に入ったまましまい込まれていたようだ。
実は同型のものを祖母が使っていたようで、昨年それが見つかったのだが、給油カップや点火器が見つからず使うことができずに放置していた。

今回それらの付属品も全て揃った状態で送ってもらえたので、到着早々にベンジンを注いで付属点火器を使って燃焼テストしてみた。
40年近く前のものとはとても信じられないほど 全く何の問題もなく燃焼。暖かくなった。
(祖母の遺した方は、火口の触媒の劣化と点火用熱線の断線が原因か、全く火が点かなかった。残念。)

火口の使用可能回数は150回程度と取扱説明書に書かれていたので、いくつかのカイロとローテーションすることを考えれば5年はもちそう。

このナショナルカイロは、ハクキンカイロと違い、燃焼を途中で止めることが容易という特徴がある。
ハクキンカイロでは、途中で燃焼を中断させるためには空気を遮断する(具体的にはジップロックの袋に入れる等)しかないが、BG-304では円形の火口部を回転させて揮発ベンジンが出てくる部分とずらすことによって燃焼を中断させることができる。再燃焼も電池式の点火器を約5秒押し当てるだけ、と使い勝手は良さそう。
特に季節の変わり目の、ちょっと肌寒い日などに重宝しそう。

友人の叔母さんが長年ベストコンディションで保管してくれていた「黄金カイロ」、縁があって僕の元にやってきた。

大事に使わせてもらおうと思っています。

火曜日, 2月 25, 2020

ANKER Soundcore Liberty 2 Pro

初めてのBluetooth®イヤフォン
auの2年契約更新ギフトが3,000ポイント貯まっていて、有効期限が3月中だったので、何かに交換しなければ、とギフト交換サイトにアクセス。

既に貯まっていたポイントを1,200ポイント追加すればブルートゥースの完全ワイヤレスイヤホン(ST-XX)が手に入ることがわかって、それに決めようかと思っていたが、どうもデザインが今ひとつ。
長く愛用できるかと考えると、おそらく割と短い期間で飽きてしまいそうな予感がしたので、他にないかと手持ちポイント合わせた上限から探してみた。

以前買ったモバイルバッテリーのメーカーANKERからそこそこ良さそうな製品がリリースされていた。(Soundcore Liberty 2 Pro
ただ、ヨドバシやe☆イヤホンで無料で配布されている「PREMIUM HEADPHONE GUIDE」には何故かANKER製品は一つも取り上げられていなかった。(この冊子が販促品だと考えれば記事がなくてもおかしくない)
純粋なオーディオメーカーではないので、最初はパスしていたが(そう考えると、最近雨後の筍のように出てきた中華メーカーなんて、それこそどこの馬の骨かわからんけど)、モバイルバッテリーでの信頼性と、元Googleエンジニアたちの作った会社ということもあり、Soundcoreについて調べてみた。
2018年に立ち上げた まだ新しいブランドということだった。

5ヶ月ほど前に手に入れたATH-IM02のバランスド・アーマチュアの解像度の高さと高域の伸びが気に入っていたのに加え、BA型の弱点であった低域をダイナミック型との同軸音響構造で補っているという点にも興味を惹かれた。

発売されてまだ2ヶ月半ほどの製品で、Amazonとかでは売り切れになったり、中古なのに定価よりも高く出品されている物があったりしたけど、手持ち5,000ポイント足して合計8,000ポイントで入手。申し込んでから5日で届いた。
パッケージも立派で付属品も充実していた。
ただ、詳しい日本語での説明書がなかったので、これはANKERのWEBサイトを参照した。

音質に関してはiPhoneのAACにも対応しているためか、気にしていた遅延もほとんどなく、ワイヤレスとは信じられないくらいのいい音。
ホワイトノイズ的なノイズもまったくなく、6~7m離れても全く途切れることもなく 満足。
イヤーチップが7サイズ、イヤーウィングも3サイズ入っていた。
最初のセットはイヤーチップMとイヤーウィングMの組み合わせだったが、どうも耳から落ちてしまそうな不安があったので M+とSの組み合わせにしたり、LとMの組み合わせにしてみたりと色々試してみた。

ようやく装着セットが決まったので、本製品の売りの一つでもある「HearID機能 (特定の周波数帯域における音の聞き取りやすさを測定し、自分だけのHearing Profileを自動で作成)」を試してみた。

年齢とともに衰えていた高域可聴範囲 (13kHz以上がしんどいのは自覚していた。しかも9kHz辺りの耳鳴りが常時あるし) を補正してくれるのかと期待して何度かパーソナル設定のためのテストを繰り返した。
(以前から、他のイヤフォンを周波数測定アプリATG Liteで測定しても 低域は25Hzから聞こえていて、中音域の4.8kHz~6.5kHz辺りがかなり感度高く、すぐに落ちて再度10kHz辺りに感度が再び上がる傾向になっているようだった。)
結果は完璧とは言えないまでも、更に高域のクリアさと、低域のこもりが改善された感じ。('70年代のライブ盤のようなソースではドンシャリが強くなりすぎてしまう場合もあるけど、普通のスタジオ録音盤であればほぼ良好な結果)

最後に、手持ちの "Symbio Eartips" に変えてみたら(耳への装着はひと手間かかるけど)、ATH-IM02のときと同様、ベースラインやバスドラムがよりタイトな感じに。
遮音性も高くなった分、スタジオやホールの空気感まで伝わってくる感じ。
これが有線ではなく無線(Bluetooth®)だというから驚き。
ATH-IM02の時にリケーブルを標準的な無酸素銅にするか単結晶銅にするかで悩んでいたけど、ブルートゥースでこれだけの信号伝送できるなんてどうなってるんや?! と驚き。
デジタルとアナログの違いかもしれないし、こちらの耳がその差を聴き分けられないほど劣化してしまったのかもしれないけど。

何れにせよ、このハイブリッドのイヤホンでHearID機能使って聴いた音は、20代の頃にレコードで聞いていたあのサウンド。
「CDになって音が丸くなった」と思っていたのは、自分の耳がある特定周波数で感度が落ちていたせいかもしれない。

そういう意味では、正常な健康な耳を持った若者よりも、聴力の衰えてきた初老にこそこの「HearID機能」は効果ありそうだ。(実際に左右で若干の感度差があったし)
一度クロスバイクに乗りながら装着してみたが、路面からの振動が体を伝わってイヤーチップに響くせいか、低い周波数がゴツゴツと結構耳障りだった。
この分だとランニングにも適さないと思われる(やってないけど)
遮音性も高すぎるゆえ、周りの空気読めないので、公道上での使用は危険を伴いそう。
やはり室内でじっくり聴くのに適したモデルだと思う。


<追記>
付属の充電ケースはSymbio EartipsのLサイズ付けた状態でも収納に問題なし。
Soundcore Liberty 2 ProのBluetooth規格は Ver.5.0だが、iPhoneSEのVer.4.2、iPhone6, iPod nanoのVer.4.0、SONY WALKMAN NW-S765のVer.2.1にも問題なく接続。

それと、Soundcoreアプリで設定したイコライザ設定(HearID機能含む)は、Soundcore Liberty 2 Pro自体に転送されて制御されるようで、SoundcoreアプリがインストールできないiPod nanoやWALKMANでもそのサウンドを反映できるのが、いわゆる純粋オーディオメーカーではなく、デジタルデヴァイス側からのアプローチによる発想のような気がする。(素晴らしい!)
音量調整はアプリ設定でイヤホン側から行えるように変更できるが、ボタンの1秒長押しで1ステップずつしかUP/DOWNできないのは少し残念。

月曜日, 2月 10, 2020

iPhoneバッテリー 1%

2年半ほど使っているiPhoneSEのバッテリーが、1週間ほど前から急激に残量表示が減り、「1%表示」が長く続く状態になってしまった。
バッテリーの状態も「サービス」表れないし、 最大容量は「90%」と表示されるし、なんでだろうと思ってネット検索してみたら「iOS13.3でバッテリー残量が1%になり電源が切れる問題が報告」というのがヒットした。http://bit.ly/3bpLATJ

 対処方法を参考に再起動したり、設定を変更してみたが一向に改善されず。
しかもこの1%のまま数時間動いているのだ。(YouTube動画再生も4時間位できた)

バッテリー容量の激減ではなく、バッテリー表示がおかしいと思い、リセットを試みた。
http://bit.ly/2SaXBoy
2日ほどかけて、バッテリー完全に放電して3時間待って満充電。そしてまた電源が落ちるまで完全に使い切って3時間待ち後の満充電を行った。
その甲斐あって、バッテリー表示はほぼ正常に戻ったようだ。
ただ、この半年以上「最大容量90%」だったのが「86%」表示になってしまったのは仕方ないのかも。

小型で扱いやすいし、現役引退後は「iPod touch」代わりに使うことを想定して買ったSEなので、今度バッテリートラブル起きたらAppleストアでバッテリー交換してもらおうと思っている。

土曜日, 2月 08, 2020

"Amazing Grace" (performed by unknown)



素晴らしい演奏だが、Duane Allmanではないと思う。
Johnny Bellarというギタリストの名も挙がっているが、確証がない。
SoundHoundで検索してもわからないし・・・
ご存知の方いらっしゃいますか?