Saturday, January 28, 2012

Facebookが受け取る情報とその用途

https://www.facebook.com/about/privacy/your-info#inforeceived


投稿内容や「いいね!」等「全ての動作はFacebook側に情報として提供する」という契約内容。

しかもそのデータをFacebook側は広告パートナーや顧客に渡すとある。

個人を断定できないようにとか言っているがどの程度までか明言していない。

盗聴器とGPS ICチップが埋め込まれた状態に等しい。

他のSNSも同じようなものかもしれないが、ここまで巨大化すると利用(悪用)する側にとっても都合がいいに違いない。

本来 Facebook側はセキュリティーに注意しているかもしれないが、登録した携帯電話番号をどうやっても削除できない(削除する機能が正常に作動しない)事などから セキュリティーホールがいくつもありそうで不安。

使い続けるつもりなら 一度他の契約内容にも目を通したほうがよさそう。

------------------------------------------------------------------------------------

McAfeeからの警告 「狙われているFacebook「フェイスブック」の個人情報 ~ユーザー急増により高まるリスク~」
http://www.mcafee.com/japan/home/security/news/011.asp

Friday, January 27, 2012

FB ちょっと不安になったので・・・

Facebook、ふと「どうして収益上げているのだろう?」と考えたら疑問点が続出。Googleのように広告収益上げているわけでもなさそうだし・・・。
「もしかして個人情報を集めて裏で流しているかも・・・」と考えたら急に不信感が湧いてきた。
難儀なことに「脱会」は容易ではないようだ。http://goo.gl/C8mmn
更に 一度登録した携帯電話番号は削除できない仕様のようだ・・・

問題は調子にのってアップしたデータがどう管理されているか。
FBに限らずすべてのSNSで疑問に感じるところ。

その気になれば管理者権限で個人情報ごっそり盗まれてもおかしくない。
友人限定や自分のみで設定していても それプラスFBの管理者に公開しているということを忘れがち。
悪意があればハッキングは容易いということ。
最近悪い噂ばかり耳にする。被害に合う前におさらばすべきか?

FBに限らず、TwitterもmixiもGoogle+も同じように危険性を孕んでいるが、正確な個人情報を入力させるという点ではFBが突出している。
犯罪者側からすればターゲットに的中する確率は圧倒的にFBが高い。ここが問題。

友人の話では 海外では結構話題になっているらしい。
(この友人は 会う度にFBの危険性を警告してくれていた)

という訳で 個人情報をすべて手動で削除した。
公開も停止し、しばらく様子見も兼ねておさらばすることに。

それなりに1年半楽しませてもらったけれど、急激な普及と怒涛の機能追加に 何かしら大事なものが置き去りにされているような一抹の不安が頭をよぎったので、このあたりで一歩下がって静観してみる。

とりあえずはGoogle+に移行。


こんな情報も http://goo.gl/KEp6C

Wednesday, January 18, 2012

メモリーカード画像復旧ソフト (Transcend RecoveRX)

 Transcend社の画像データ復旧ソフト RecoveRX (freeware)の出来の良さにビックリ!
他社製SDでもCFでも2GBをほぼ6分程度で処理完了。
何十回とフォーマットしているCFの最後の方から 上書きされなかった1年半前の画像が出てきた時は驚いた。

以前はLexar社のImageRescue3 使っていたが、一度フォーマットしてしまったカードからは救出できる率は低かった。
Ver.4(パッケージ版$33.99)のトライアル版の結果が良好だったのでバンドルされた(ダウンロード後に入力するシリアルナンバー付)LexarのProfessionalシリーズを購入しようと考えていたが、当面はRecoveRXで間に合いそう。
調べてみるとTranscend社は超親日国 台湾のメーカーらしい。
十数年前台湾に取材に行った時の印象がとてもよかったので、個人的には大好きな国の一つ。

仕事では Lexar, SanDiskをメインに、サブスロットにはTranscend使っているが 今のところ全く問題なし。

本来はTranscendのSD,CFカード購入者用に案内されているけど、購入前であってもHP上で登録すればDL可能。   http://goo.gl/RJT01

不測の事態に備えて 前もって復旧作業を経験しておくことを強くお勧め。
(突然データが飛んでしまった時は 絶対にパニックになるはずで、その時に正しい操作が出来る確率はかなり低下すると推測。簡単に言えば、取り戻せるものを自らの手で永遠に葬ってしまう可能性も・・・)
「上書きさえしなければ 大概のデータは復旧する」ということがわかっているだけでもずいぶん安心。

他社からも有料・無料含めいろいろな「データ復旧ソフト」が出ているけど、実際にはそういう状況になってみないと「買う」事はなかなか躊躇われ、いざ慌てて買っても焦りから なかなか上手く作業できないのが現状かと。

何でもない時からの備えとして最適ではないかと思い紹介した次第。


Tuesday, January 17, 2012

17年前の今日(阪神大震災)

17年前の今日1月17日
明け方突然の「グオォォォ~!!!」という地響きとともに下から突き上げるような激しい揺れを感じた。
眠っていたはずだが、何故か地震の最初の瞬間から記憶がある。

「地震だ!」ととっさに気付いた僕は横に寝ていた当時1歳になったばかりの長男の上に覆いかぶさる。
(直後に妻も長男をかばおうとしてきたが 僕の方が先だった ----- いまだに唯一の自慢です)
揺れの直後から停電したため、照明器具の常夜灯も街灯も消え、まさに真暗闇の中での恐怖の十数秒。 報道では十数秒と報じられたが 僕にはとても長い時間に感じられた。
大地がとてつもなく大きな力でねじ曲げられて 壮絶な唸り声を上げていたように記憶している。
家の中のいろんなものが倒れ、ぶつかり・・・あらゆるものが同時に唸り、悲鳴を上げていたようなそんな一瞬だった。
(妻の話では僕自身が「うおぉぉぉぉ~~~!!!」と叫んでいたらしい)

普段から枕元にマグライトを置いていた僕は 手探りでそれを見つけ、室内を照らしてみた。

足下のわずか数センチのところに鏡台が倒れていて、隣のDKでは冷蔵庫が食卓テーブルの普段息子の座っているイスの上に倒れ込んでいた。(食事時だったら息子の頭部直撃!)
食器棚も倒れ、中のものは粉々。一緒にいれてあったWhiskey, Ginなんかもボトルが割れ中味が全部フロアに流れ出していた。
ガラスや食器の破片の中をマグライトの光を頼りに玄関まで辿り着く。
玄関が開かない!
どうやら地震で歪んでしまったようだ。
力任せになんとかこじ開けて外に出る。
外はまだ街灯も停電したままで、日もまだ昇っておらず、街中で体験する初めての真暗闇!
近所の人も何人か外に出ていて少し言葉を交わしたが、一体誰と話したのか顔が全くわからない。
駐車場にとめてあったクルマは幸い無傷だったので、家族3人で近くに住む両親のところに向かう。
幸い両親のところも怪我もなく無事だった。

テレビで情報を得ようとしても停電しているので全く状況がつかめない。
クルマのラジオを聞いてもまだ何の情報もない・・・(今から思えば当たり前の話)

そうこうしているうちに日も昇り、余震が続く中、徐々に被害の状況が見えてきた。
「こりゃぁ結構ひどいな・・・」と思いつつ、その日 撮影が予定されていた事を思い出し、尼崎のホテルに前夜東京から泊まりに来ていた編集部のU氏に連絡とる。川西市のN先生にも連絡をとり、周りの状況もわからないまま撮影現場に向かう事になった。

尼崎から川西までの南北の道、信号は全部停電して消えていた。
道の両側にある民家は ほとんどが瓦が落ちていた。
主要幹線道路だったので優先通行になり ほとんどノンストップで現地到着。
普段の半分の時間で着いてしまった。

当日朝に届く予定だった撮影用の花が「この状況では時間に間に合わないかも」という事で、近くのホームセンターへ男3人で買い出しに行く。
停電のため店内を軽トラックのヘッドライトで照らし、人々が緊急用の懐中電灯や電池、ロウソク、使い捨てカイロ等を買い求めているような状況で 我々だけが台車の上にパンジーのビニールポッドをいっぱい並べ「先生、赤いパンジーこんなもんでいいですかね?」「いや~、春らしくするにはもう少し多い方がいいで。あと10個追加やな」などと今から考えるととんでもない行動をしてた。

繰り返される余震の中、15時頃まで撮影を続け、やっとその頃になってテレビが映るようになっていた。
神戸の長田区の状況が映し出され「結構被害大きいな」「死者100人ぐらい出てるで」などと言っていたのを思い出す。
撮影終了後、帰宅途中に各地から応援に駆けつけた消防車に多数遭遇。名古屋からの消防車に並んだ時「とんでもない事になっている」と初めて気付いた。
意外と 被災地の真っ只中にいる人間は被害の全体像が把握できないものかも。

結局 撮影済みフィルムは万一の事を考えて東京へ持って帰ってもらう事にした。(後で聞くと 大阪の現像所、地震の影響で3日ほど稼働できなかったそう)
東京行きの新幹線はその時点では不通状態だったが、辛うじて翌朝 新大阪から東は復旧。

2日後、やっと大阪の事務所に行く事ができたが ここも結構揺れたらしく事務所内グチャグチャ。
幸いカメラ類の撮影機材はキャスター付の頑丈なスチールラックに積み上げていたので、ラックごと移動していて 倒れたり落ちたりしているものはなかった。これは本当にラッキー。

その翌日、昼夜を問わず襲ってくる余震の事を考え、妻と息子 そして僕の妹と当時3才の姪っ子を妻の実家の沖縄に避難させる事に。
伊丹空港へクルマで送って行ったのだが、途中道路や橋が通行止めになっていて道がわからなくなってしまった。
出発時刻も迫っていたのであせって飛行機が離着陸している方向に向かって迷いながら空港に辿り着いたような記憶がある。 (当時はまだカーナビなんてなかった)

地震の数カ月前に内装をリフォームした住まいも半壊状態。
でも身内で誰一人怪我人がでなかったのが幸運だった。

神戸の方では本当に多くの方が被害に遭われました。
友人や先輩などで 御両親や身内を亡くされた方とかもいらっしゃいました。
彼らの事を考えると 我々は本当に「無傷」状態だったと思います。

それから1ヶ月ほどの間、上水道が復旧しない西宮・芦屋などの知人宅へ 交通規制の解けた20時以降 毎晩のようにポリタンクに水を汲んで順番に配って回ったのを思い出す。


あれから17年・・・。
高3の長男は当然とはいえ、地震の記憶はないという。 
先日成人式を迎えた姪っ子(現在東京のW大学に在籍中)は「巨大な怪獣がやって来た」ような恐怖心は覚えているらしい。
追悼・慰霊・鎮魂の目的で始められた神戸ルミナリエもその初期の意味合いが薄まり 観光イベント化してしまっている。 

いつまでも過去にしがみつく事もないと思うけど、せめてこの日だけは「あの日」を思い出す日にしたい。

あの頃 被災地の人たちはお互いに助け合って生活していたと報道されていたし、僕も実際そういう風に感じていた。(いわゆる火事場泥棒は他所から来た奴の仕業らしい)
でもまた今、以前のような「冷たさ」に戻ってしまったようにも感じられる。
なんか残念・・・。

もう二度とあのような事が起こりませんように。 と祈り続けていたにもかかわらず、昨年3月11日には この阪神大震災を何倍も上回る東関東大震災が・・・


震災で亡くなられた多くの方々に ........... 合掌。


(4年前のmixi日記に加筆修整しました) 

参考資料(当時の写真): http://goo.gl/l9I8q

Monday, January 02, 2012

昨年2011年に発表され、聴いたアルバム


  • Albert Collins - Frigorific 1962~1982  ★★
  • Ana Popovic - Unconditional  ★
  • Andrea Corr - Lifelines
  • The Beach Boys - Smile
  • Blackmore's Night - Storm  ★
  • Blindside Blues Band - Rare Tracks
  • Blindside Blues Band - Smokehouse Sessions - Volume Two-The Blues Is Evil
  • Candice Night - Reflections  ★
  • Candye Kane - Sister Vagabond  ★★★
  • Carolyn Wonderland - Peace Meal
  • Derek and The Dominos - Layla And Other Assorted Love Songs (2011)  ★
  • Dire Straits - The Ultimate Best Of Dire Straits
  • Emmylou Harris - Hard Bargain
  • Eric Sardinas - Sticks And Stones
  • Gregg Allman - Low Country Blues
  • J.J. Cale - The Silvertone Years
  • Jimmie Vaughan - Plays More Blues, Ballads & Favorites
  • Joe Bonamassa - Dust Bowl
  • Johnny Winter - Roots  ★★★
  • Jon Lord Blues Project - Live
  • Kenny Wayne Shepherd - How I Go (Special Edition)
  • Lynyrd Skynyrd - Skynyrd Nation
  • Nirvana - Nevermind - 20th Anniversary Album
  • Pink Floyd - The Dark Side Of The Moon (Experience Edition)  ★★★★
  • Pink Floyd - Wish You Were Here (Experience Edition) 2011
  • Popa Chubby - Back to New York City  ★★
  • Robert Johnson - The Centennial Collection  ★★
  • Rory Gallagher - Notes From San Francisco
  • Tedeschi Trucks Band - Revelator
  • Tom Waits - Bad As Me
  • Vargas, Bogert & Appice - Vargas, Bogert & Appice feat. Paul Shortino
  • Warren Haynes - Man In Motion  ★★★★★



一番気に入ったのはWarren HaynesのMan In Motion。Gov't Muleとはまったく違ったサウンドで今年一番のヘビーローテーション。クルマのCDチェンジャーから一度も出たことがなかった。

Albert CollinsもTelecasterサウンドのTexas Jump BluesがGood。

Ana Popavicはやはり英語圏では無いので発音に若干違和感があったけど、共産圏でここまでBluesへのRespectがあることに驚き。

Candye Kaneはこのアルバムでフューチャリングされている女性ギタリストLaura Chavezが秀逸。

Popa Chubby 相変わらず豪快で気持ちのいいブルースギター。

元Deep PurpleのJon Lordがこんな渋いBluesするとは意外。

Johnny Winterは原点回帰といったところか。

Pink Floydの「狂気」はリマスター何度目だろう? 音はさすがに素晴らしかった。

Lynyrd SkynyrdはオリジナルメンバーはGaryしか残っていなくて ほとんどコピーバンド的な様相。

Tom Waitsはデビュー当時のほうが好きだったな。

Sunday, January 01, 2012