Saturday, February 26, 2011

iPod用 イヤフォン

先日購入したSONYのMDR-EX300SL、気に入ってます。
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-EX300SL/

まず装着感がGood!!
時々夜寝ながら聴いているのですが、横になって枕に耳を押し当てる状態になっても従来の物のように耳が痛くならない。
それと、密閉型特有の耳の中に突っ込んだ時の空気を押し込んだような圧迫感がない。

音質は さすが希望小売価格6000円弱という事もあり、それなりの品格のある音。
J-Popや最近のエレクトリックサウンドにはオーバークオリティーでしょう。
合わないというわけではなく「もったいない」という感じです。
僕の大好きなSouthern RockやBlues Rockにも正直オーバークオリティー。
逆に Jazzやクラシック、アコースティックでは 今まで聞こえてこなかった音が聞こえてきます。

耳への装着が的確なせいか、音の定位がすごく良く、密閉型による外部ノイズの遮断と自然な低域(ブーミーでない)により目をつぶるとあたかもコンサートホールで聴いているような臨場感を味わえます。

上のシリーズになれば更に音に磨きがかかるのでしょうが、このクラスが一番コストパフォーマンスが高いのではないかと思います。
ある程度は消耗品的な考えもせざるをえないですし。
自宅で使っているAudio Technicaの密閉型スタジオモニターと同じくらいの高品位の音が楽しめるのが嬉しいです。値段は5倍くらい違うのに。

アコースティックな音の響きと臨場感を味わえるiPod用イヤフォンお探しの方にいち押しです。新モデル310SLが出たので300SLは1000円ほど安くなっているようです。
新しい310の方がいいのでしょうが、2,480〜2,980円位のを買うくらいなら追加の1,000円ちょっとは値打ちありです。(以前 2,500円程のものを買って、低域の貧弱さに嫌気がさしました。中高音域の解像度はまぁまぁでしたが。で、イヤフォン断線してしまった長男にやっちゃいました。でもその息子でさえ 300の音を聴いて「メチャええやん!」  高校生でもわかる音の良さです。)

というわけで、別にSONYの回し者でも何でもありませんが。
コードが片出し方式ですが、それがイヤという人以外にはおすすめ。
あえて不満があるとすれば、そのコードの分岐点のプラスチックカバーがちょっと大きいめでラウンド処理してないせいもあり、時々左の襟にひっかかる程度です。

MJQの "The Last Concert" や、Paco DeLucia & Al DiMeolaの "Friday Night In San Francisco" 、PINK FLOYDの「狂気」なんかを聴くと最高でした。