Sunday, January 23, 2011

スネアドラム

高校に入ってから音楽に興味を持ち始めた長男。
現在クラブ活動(バレーボール)の合間にベースを練習中だが、どういうきっかけからかドラムにも興味を持ち始めた。
現在 僕の後輩からJack Bruceも使っていたという高価なベース(時価10万円)を借りている身分で「お金が貯まったらFender Jazz Bassを買う!」とか言っていたのに、最近急に「電子ドラムが欲しい」と言い出した。

僕が高校生の頃は Pearlの練習台(REMOヘッドの張ったやつ)でパカポコパカポコ練習に励んだものだが、最近の電子ドラムは凄い!
音もリアルで、ヘッドフォンで使用する限り 練習台よりも静かかも?

ドラムなら父親が資金援助するかも?という魂胆らしい。
(交渉保留中・・・)

で、予てより一度見せてくれといわれていた僕が使っていたスネアドラムを 今日押し入れの中から引張り出してきた。

実は次男坊が小学校の音楽会で「小太鼓」担当になったと聞いた時に、彼には見せたのだが長男は見ていなかったらしい。(ちなみに直近の音楽会では三男が大太鼓---2年前はカウベルとトライアングル)
そんなわけで実に5年ぶりに対面。
1979年モデルのPearlのJupiter Snare Drum。(http://goo.gl/8hJzN)
ブラス(真鍮)製の6インチ半の深胴モデル。(通常はスティール製あるいは木胴で5インチ)
独自のスナッピーのパラレルアクションを採用し、当時のYAMAHAの切削リム採用モデルと双璧を成す国産トップモデル。
これに当時流行りだった「REMOのCSヘッド」の対抗製品「LUDWIG ROCKERS Silver Dot Clearヘッド」に張り替えて使っていた。(CSは黒ドット)

息子 一目見るなり「スゲッ!」
持ってみて「重!」
手でヘッドを弾いてみて「音デカ!」

その後 バスドラ用のキックペダルも触ってみて「凄いな〜」を連発。

スティックケースの中のスティックの数にも驚いていた。
30年近く前のスティックだけど1本1本反りを吟味して買ったものだけに、反っていたのは僅か1本だけだった。(当時の価格で1セット650円から1500円)

当時は心斎橋の三木楽器でバイトしていたので2割引で購入できたが、スネア本体が定価58,000円、ペダルが15,000円、ドラムイスが12,000円、ジュラルミンケースが18,000円だったように憶えている。
(Silver Dot 14inchは4,000円位だったかな〜。何故かこれだけ記憶がない)
結局楽器店のアルバイトで稼いだお金は 全部その楽器店で使ってしまっていた。(レコード・オーディオ含む)

一時期は 叩く機会もなくなり、手放す事も考えていたが「どうせ二束三文にしかならないのなら」と押し入れにしまい込んでいたが、いつの間にか息子が使うかもしれない状況になってきた。

長男はベースがメインだと思うが、二男・三男もどうなるかわからない。
自分の使っていた楽器が子供達に受け継がれるってなんか嬉しい。

最近、長男・二男のiPod nanoに 頼まれてサウンドファイル入れる度にこそっとZZ TOPやEAGLES, JIMI HENDRIX, LED ZEPPELINなんかを混ぜている。
何曲かは聴いてくれているようだ。

しかし30年経ってもあまりにもコンディションが良かったのには驚いた。
手垢を綺麗に拭いて収納していたのが功を奏したようで、スナッピーもヘッドも緩めにしておいたので劣化はほとんどなし。

近々このスネアを使って久しぶりにジャムセッションしようかと画策中。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
追記 (2012.01.08.)
実は昨年3月11日午前中に、長男は修学旅行で長野にスキーに行っていたけど、出発前夜にネットで注文したRolandの電子ドラムが届いた。
その後 ベースの練習時間よりドラム叩いている時間のほうが長くなり、現在は4つのバンドにドラムで参加しているらしい。
今度レパートリーに ZZ TOPの "Sharp Dressed Man" が候補に上がっているらしい。

先日の練習にはこのJupiter、重いのに持って行ってた。
今日は練習の帰りに 楽器店でPearlのダブルキックペダル注文してきたらしい。

手放さなくって本当によかった・・・。

Monday, January 10, 2011

LOOP (Anthology ~ In Memory of Kenshi Nakao)

先日 高校からの同級生(昨秋 一緒に六甲山に登った)から電話があった。

2年前に 留学中のイギリスで突然亡くなった息子さんの作品集が完成したので送りたいとの事。

2年前(2008年12月)のお別れの会に参列した時、その会場が「葬儀」ではなく「個展」になっていた事にまず驚いた。
生前に息子さんが
「人は2度死ぬ。1度目の死は肉体的な死。
  2度目は、存在(記憶)としての死です。
 2度死ぬのはいやだから、自分という存在を
  残したい、それも多くの人に。
  だからなにかを作る職業に憧れる。」
という想いから写真家としての道を目指していた事を、両親が知っていて 少しでもその想いを叶えてやろうという親心だったと思う。

会場にはロンドンから空輸されてきた息子さんの遺体が「その作品展の主」として安置されていた。
彼の死を悼み 花を手向ける友人の数の多さにも驚いた。

あれから丸2年。
息子の誕生日にあわせてなんとか出版に漕ぎ着けたという遺作写真集が昨日届いた。
少しでも多くの人に、そして長い間 記憶に留めてもらいたいという想いから「自費出版」という形をとらず、一般書店でも流通可能な形での出版。
これによって国会図書館にも献本され保存されるという。
亡き息子がレンズを通して描いた世界。
そしてその遺された作品を通して息子を表現しようとした親の想い。

作品は実に素直で ピュアなものが多く、おそらく作者の人柄が滲み出ているものと思われる。
作品の並びは年代順かどうかは判断できないが、いくつかのスタイルが混在。
僅か数年という短い期間に 多くのものを吸収し、成長していた軌跡が窺われる。
いよいよこれからという時に 志し半ばで逝ってしまった事は非常に無念。

ただ、こういう形で世の中に作品を遺せた事はまさに「生きた証」で きっと故人も喜んでいるに違いない。

印刷・装幀を含め 制作に携わった方々の愛情のこもった仕事振りが感じられるきめの細かい丁寧な作り。

生前の故人を知っている人たちにとって 永遠に彼の記憶を留める事ができる作品集。
「2度の死」は絶対にないと。


Requiescat in Pace

--------------------------------------------------------------------------------------------------
Kenshi Nakao
中尾顕士。1983年(昭和58年)11月16日兵庫県尼崎市で出生。
1999年4月私立須磨学園入学。
2002年4月関西大学経済学部入学、翌年写真部入部。2006年3月同大学卒業。
2006年9月渡英、ボーンマス芸術大学入学。2007年7月同1学年修了。
2008年9月ロンドンミドルセックス大学芸術学部3年に入学。
2008年11月25日大学構内のフォトスタジオにて撮影準備中死亡。

Wednesday, January 05, 2011

花園ラグビー


母校関西学院高等部のラグビー部が 4年ぶりに地元の強豪報徳学園を破り、兵庫県代表として花園(第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会)に出場しました。

自分自身 アメリカンフットボールがしたくて関学に入学し、中学の間はタッチフットボールをしていたのですが、高校では興味の対象がスポーツではなく音楽の方に向いてしまったため、高校スポーツ全般に疎い人間になってしまいました。

最近 息子達の野球、バレーボールや 昨年の母校野球部の甲子園出場とかで、徐々にアメリカン以外のスポーツも面白いなと感じ始めていました。

ラグビーは高校の体育の時間にちょっとやった程度で、基本的なルールも何も知りませんでした。
ただ 親友の弟が過去に神戸製鋼のチームで大活躍していたり、実家の隣の幼なじみの身内が報徳ラグビー部の監督していたりと、周りには何故かラグビーの話題がありました。

今回は カメラ店を経営する学年1年下の後輩に誘われ(あるプロジェクトの準備を兼ねて)、12/30の最初の試合に駆り出されました。
その時はラグビーの試合を観るのも初めてでしたが450枚ほど写しました。

1/1、1/3はさすがにお正月真っ最中で 親戚やなんかが集まるのでパスしましたが、今日1/5は優勝候補の東福岡との対戦という事で「行った方がいいかな〜」と思っていました。
午前中の長男の阪大附属病院(歯科)での診察(紹介状をもっての初診)の後、息子自身が「友達も行くみたいやし、花園行こかな」と言い出した事もあり、そのまま近畿自動車道をまっすぐ南に下り花園へ直行しました。

準決勝戦の2試合目で14:25キックオフでしたが、序盤から東福岡の足の早さと機動力に翻弄されました。先方はボールコントロールに若干の乱れはあるものの、一旦ボールを持って走り出したらなかなか凄いものを持っていました。
さすがメンバー15人中9人が高校日本代表候補に選ばれているだけあって、他のチームとは別格の強さでした。(昨年の覇者で、3年前も優勝しているらしい)
(関学も1人 選ばれていますが・・・)

途中 関学側の1人がペナルティで出場できない間にも立て続けに2本トライされました・・・。
しかもその後のキックを1回も外さない・・・。


苦しい展開でしたが何とか終盤に1トライとキックの成功で7点返しました。
他にもゴールまであとほんの数メートルというところまで攻め込んだのも2,3度ありましたが、結局トライに結びつかず・・・。

結果は7-42で敗北。奇跡は起きませんでした。
でも全国3位は立派です。

後輩達(というか長男の1年先輩、同級生)はよく健闘したと思います。
自分が通っていた30数年前には野球も含めて 想像もできない事でした。

今日は600枚強撮影。

Monday, January 03, 2011

Corey Stevens


晩秋から年末にかけ、ルネッサンス音楽(Blackmore's Night)やケルト音楽(Celtic Twilight, Celtic Mystシリーズ)ばっかり聴いていたけど、今日ネット上で遭遇したCorey Stevensというギタリストで久しぶりにBlues Rockを聴く。
聴いた曲は "Gone Too Long"("Blue Drops of Rain" 1995収録)
ビックリした! Stevie Ray Vaughan そのまま!
影響を受けたとはHPでも書かれていたけど「ここまでやるか?!」という感じ。
で、大好きです。ここまでリスペクト丸出しの人。

YouTubeで見つけた動画では Stevie Rayと言うよりはE.Claptonの雰囲気が濃かった。


この流れでまたしばらくはBlues Rockを聴き続ける事になりそう。
(Jimmie Vaughanにフォローされているし)