Sunday, October 17, 2010

カーナビ

昨日、10/4に突然機能しなくなった純正カーナビの代わりをとうとう購入しました。
純正カーナビのディスクが全く読込めなくなり(ドライブが回転しない)、しかも以前からの操作系のトラブルもあり、修理するのをやめて最新のポータブルカーナビを買う事に。(純正システムはまだCDチェンジャーシステムとして使用可)

PanasonicのStrada POCKET CN-SP500VLか SANYOのGorilla NV-SB570DTか散々迷った挙げ句、最後は大型カー用品店で実物を1時間ほど操作した結果 Gorillaに決定。
(PanasonicのStradaは「大人のカーナビ」と言う感じで外観デザイン、インターフェイス、地図が面等洗練度は高かった(長年使ってきた純正がPanasonic製だった)のですが、タッチパネルの感度がイマイチ。グッと液晶パネルを押さないと反応しないのがストレスになりそうだった。
Gorillaはその点思ったように反応してくれた。 これが大きなポイント。
それまでは 必要以上余計な装備もなく、取付台への装着もコネクターを使ったドック形式でスッキリしたStradaにほぼ決まっていた(値段も少し安かった)けど、ここにきて大逆転。
というわけで 結局は人気・売れ行き・満足度No.1だったNV-SD570DTになったわけです。)

価格.comで調べたり、家電店回ったりもした結果、上下で16,000円もの差が!(¥64,800〜¥48,800)
(雑誌の記事でポータブル部門N0.1に選ばれたため3日で最低価格が¥1,300値上がりしていた。)

ほぼ価格.com最安値店にオーダーしかけたところで Sof○ap.comもそこそこの値段になっている事に気付き「明日梅田のSof○apで買うぞ〜」と思った矢先、午前中¥57,800だったヨドバシがSof○apと同じ¥52,800に。しかもポイント10%(カードの場合8%)で 店頭で受け取れば送料も代引き手数料もなしで実質最安値。販売価格の5%(¥2,640)をポイントで払って5年保証加入。(Sof○apは¥4,000で3年保証。しかも修理代金は常に1/3負担。修理上限価格は購入代金までOK。ヨドバシの方は修理上限価格は毎年下がってくるけどその範囲内であれば無料)

そんなこんなで少しでも安く買いたかったのでいろいろ調べました。


購入した後 大阪で学生時代の友人2人に別々に会ってお茶とマクドしたので その日は大した作業できず、今日1日かかって設定および車内への設置。(久々のクルマいじり? )

ほぼ満足な仕様。ただ少し残念なのが、FMトランスミッターの出力が弱いのと、音楽(mp3)再生中にナビの案内音声が割り込む時 音楽が完全に消音されてしまう点。(以前使っていた純正カーナビでは運転席側だけが消音されて助手席側はそのままだった。)
あとAACファイル対応とUSBコネクターがあったら完璧だけど、そこまでをこの価格で求めるのは酷かな。

FM多重VICSもついているのでリアルタイムの渋滞情報も入手できそう(純正カーナビ注文時はFM多重VICSとビーコンの両対応オプションが10万円もした!のでつけていなかった)

バッテリー内蔵なので 歩きロケの時にも使えそう。

昨夜 家に持って帰って 子供たちに自慢気に見せたけど「反応ナシ」。
彼等からすると「地図を見るのがそんなに楽しい?」というところでしょうね、確かに。(ゲームもできないし・・・)
でも電話番号入力だけで目的地が設定できるのは結構便利(4,000万件)。父はそれにすごく感動していました。

またまたハイテク機器が1台増えてしまいました。

ところで面倒なパーキングブレーキコードの接続配線、センサーのマグネット2つ合わせてガムテープで巻いたけど、これで大丈夫だよね? わざわざ¥1,500もするコード(走行中でもテレビが見れます、見たいな用途の)買わなくっても。

さて これで今週の3本のロケ(行き先5件)には間に合った。

(車内設置中にカーナビのワンセグで見た巨人vs阪神のCS、阪神8回に逆転されてThe End.... 残念!)

Wednesday, October 06, 2010

榊 莫山先生

昨日のニュースで知った莫山先生の訃報。(http://bit.ly/c8bOh4)

20数年前(1987年の秋)にNHK趣味講座「書道に親しむ」(http://bit.ly/ck9syR) のテキスト撮影のために伊賀上野の御自宅に何度か父と一緒に通ったことを思い出します。

その仙人のように飄々とした風貌。思いがけず大きな手。(先生は身体も大きかった)

その後 NHK「婦人百科」のテキスト撮影で 上野の御自宅に一度お訪ねし、中国の作家との競作展(近鉄百貨店)の図録撮影のため大阪市内(上本町)のアトリエにも数日通いました。
(その時に先生から頂戴した「書画」の作品は我が家の家宝になっております。)

大阪のアトリエでの撮影中 先生がお預かりしておられた見合い話を僕に「どうや、いっぺんおうてみてくれへんか?」とおっしゃったり、個展にお伺いして御挨拶したら「おぅ、伊藤君 よう来てくれたな」といって下さったり・・・。

ここ数年、すっかり不義理で御無沙汰してしまっていたのが悔やまれます。(時々上野市までは園芸のロケで行ったりする機会もあったのに・・・)

どうぞ安らかにお休み下さい。


「花アルトキハ花ニ酔イ  風アルトキハ風ニ酔ウ」(莫山)

「寒山ハ空ノ青ミテ口ズサミ イロハニホヘトチリヌルヲ
ワカヨタレソツネナラム  シラヌガ仏ト拾得ハ
風ニユラユラヒルノ夢  ウヰノオクヤマケフコエテ
夢ハ野原ヲ撫ゼワタリ  アサキユメミシヱヒモセス」(莫山)