Thursday, March 26, 2009

「クレマチス」刊行!



昨年4月から6月にかけて 京都の「まつおえんげい」さんで4回にわたって撮影させていただいたクレマチスの写真が 本日3月26日発売のNHK出版刊「クレマチス」に多数掲載されています。

ピーク時の5月30日の撮影では 朝10:00から夕刻18:45までシャッター回数1045、メモリーカードは2GBで足りず1GB追加、バッテリーパックは2本使い果たし、なんと「まつおえんげい」さんで同型のバッテリーをお借りする事に・・・


4回の撮影で切ったシャッター回数2,509。

露出バラシと品種ネームカード そしてアングル違いを入れて大ざっぱに計算しても250品種くらい撮ったのかな? (納品カット数だけでも787!) --- そもそも担当者の「現在日本で入手可能な全品種写真で紹介する!」という壮大な構想で始まったこの企画ゆえ、とりあえず「咲いているものはすべて」でした。


担当編集者の方、撮影シーズン終わった後の夏の人事異動で他部署に移るも、「この仕事は誰にも渡さない!」と 新しい部署での本来の仕事の合間に 寝る間を削ってまで --- 本人に言わせれば「年末から3月頭まで、休みなく朝夜なく、人間関係壊し、自律神経壊し、記憶失いながら(言い過ぎ)」編集してきた本という事です。


凄まじいエネルギーが宿る本に仕上りました。

そこいらの「お手軽に」作られた園芸本とは一味違います!
撮影から編集・デザイン全行程に亙り、おそらく「手抜き・妥協」というものは一切存在しなかったと思わせるほどの「こだわり」が感じられます。

印刷の色具合も、デジタルに移行してから ここまで色調の揃った印刷物は初めて?と思わせるほど「色校正」にこだわった事が窺われます。(自分の撮影したクレマチスの記憶色がほぼそのまま再現されています)


「クレマチス」が好きな方も、そうでない方も一度手に取ってご覧下さい。


巻末のクレジット(執筆者・協力者etc.)、「映画のクレジットか?」っていうぐらいの人数です。
それだけ気合いが入っています。


買って損はさせません!