Friday, June 21, 2013

悪天候でのロケ

昨日は雨が降り続ける中、屋外(といってもテント屋根の下)で撮影。

午前中から既に暗く、蛍光灯照明も点いた中、今までにない方法で撮影。

前回「食虫植物」撮影時に制御方法マスターした スピードライトの日中シンクロ。
ワイヤレスコマンダーモードで光量バランスをカメラ側で制御するという方式。

設定操作が結構ややこしく、現場で間違いなく操作するのは実はかなり慣れが必要なので、今までロケ現場ではできるだけ使わずにいた。

しかし今日の天候ではどうしても使わざるを得ない状況だったので適用。
制御OKのアラート音も、テントを叩きつけて降ってくる雨音にかき消されて、かなり作業しづらい状況。
スタッフ間のコミュニケーションも聞き取れないほど一時すごい量の雨が降っていた。
10時集合で 11時過ぎから19時過ぎまで撮影。

こういう状況で人工光源使う場合、通常だとBALCAR A-2400とアンブレラ使うところなのだが、撮影現場が営業日で、お客さんも多いので 仕方なしにスピードライトで。

本日、色調整、明るさ・コントラスト調整をセレクトした180点ほどの画像すべてにPhotoshopで施した。(結構な作業量、まる一日がかり)