Sunday, October 14, 2012

MBP「バッテリーの交換修理」の警告

2日ほど前、突然MacBook Proに「バッテリーの交換修理」の警告が。


バッテリーリフレッシュを試みたが、通常ならスリープ状態になるところでいきなりシャットダウン。再起動したら時計時刻も19何年かの1月1日にリセットされている。AirMacのパスワードなんかもリセットされていた。
放っておいてもコンピューターに損傷を与えることはない、とヘルプには書かれてあったが、書類作成で保存前にいきなりシャットダウンは痛いので、ジーニアスバー予約することに。

その前に昨年 購入直後に確認とったものの、ちょっと不安になってサポートセンターに再確認。
実は現在使用中のMBPは2011年2月末に発売されたもので、それを前のオーナーが3月3にCTOでメモリー4GB増設、HDを7200rpmの高速タイプに換装、AppleCare Protection Planに加入してまで購入したにもかかわらず 6月頃に手放し、それを僕が7月にパソコン工房でたまたま見つけ購入したもの。(http://ow.ly/1OWEa9)

購入時はAppleCareに入っていることもわからず、パソコン工房の3年保証に7,000円払って加入。
その後Appleのサポートページでシリアルナンバー入力したらAppleCare(34,800円)に加入していたことがわかった。
サポートセンターに電話で確認したところ、保証期間はシリアルナンバーで登録してあるので大丈夫とのことだった。
で、あれから1年以上経っているので再確認。
Apple IDとは関連付けられていないが、シリアルナンバーに対する名義は無事変更されていたようだ。

今回の症状は もしバッテリーが原因の場合はAppleCareも効かず有料(11,800円)、もしもそれ以外の故障の場合はAppleCare適用で無償とのこと。
とりあえず 今日の夕刻16:15に心斎橋のAppleStore Genius Bar予約した。

ついでに新しいiPod Touch Product REDの色の具合見てこよう。